この記事はパワプロアプリの話ではなく、youtubeの動画投稿に関する記事になります。

youtubeへの動画投稿に興味がある方には多少、興味のある?話になっている…と良いなと思い書いている次第であります。

特にスマホで撮影した動画やアプリゲームに関しては割と重要な話かと。

 

※2018年5/25頃から起きている症状についてです。

 

今回は今では一般的になったスマホやiPhoneで視聴する際の

「縦画面(大画面)」表示に関する問題です。

 

というのも、

少し前にコメントで「縦画面で見れるようにして欲しい」と教えてもらったことがきっかけで

ここ1ヶ月ばかりの動画が

⇒iPhone、スマホ視聴時の縦画面(大画面)になっていない

ことが分かりました。

 

先に結論を書いておくと

⇒現在は無事に縦画面で見れるようになりました

ということもあり、こういった記事が書けるのですが…

 

縦画面への復旧や現在起きている症状についてまとめていきたいと思います。

youtube スマホ 縦画面への対応方法

まず、スマホアプリゲームの縦画面への処理は

 

1.投稿後にyoutubeの機能を使う

2.アップロード前に事前に縦画面になるように動画を編集しておく(編集ソフトが必要)

 

僕の知る範囲ですが主に2パターンあります。

 

普段、僕は1の方法でyoutubeに投稿後にスマホ縦画面への処理をしていたのですが

2018年の5月後半頃からうまくいかずに困ってしまい、

それに対する改善策が今回のメインになっております。

 

※普段から投稿時に縦画面に対応した動画編集をしてからアップロードしている場合は

今回の問題には全く関係がないと思われます(・∀・)b

これまでのyoutube アップロード後にできた簡単な縦画面対応

簡単で一般的なのは1のyoutubeに投稿後に動画一覧ページに出てくる

・「この動画を改善する」をクリック

 

youtube スマホ 縦画面処理
youtube スマホ 縦画面処理

 

僕が投稿を開始する以前は自分で縦画面で表示されるように編集する必要があったようなのですが

こちらを1クリックすることでサクッとスマホ縦画面にしてもらえてたんですよね。

 

ところが、ここ1ヶ月ほどこの表示がされなくなっており

結果的に縦画面での画面表示ができなくなっていたのが今回の1件です。

 

てっきり僕は更にyoutubeの改善が進み、

「動画を改善する」コマンドを実行しなくても自動で縦画面になっているものだと思っておりました。

 

ところが縦画面に反映されていない、と。。。

撮影環境や方法などは全く変わっていないのに、突如縦画面に変えられなくなった感じでございます。

 

ここからの原因追求はかなり大変でした。

むしろ今でも根本的な原因は分からないけど

自力で縦画面対応の動画に編集してから投稿することで対応が可能でした。

スマホ ゲームアプリの縦画面処理(youtubeへのアップロード)の現状

現状は2の「アップロード前に事前に縦画面になるように動画を編集してからyoutubeに投稿」

することで、今までより時間はかなりかかるものの

なんとか縦画面に対応した動画を作ることができるようになった状況です。

 

僕の環境としてはmacユーザーなのですが

ゲーム動画ではポピュラーな「elgato game capture hd60」を使い、

(mac、windowsどちらでも使える)

 

 

1. elgato game capture hd60で動画撮影

2. youtube投稿後「この動画を改善する」

 

これでサクッと縦画面に対応した動画を問題なく投稿できていました。

 

ちなみにその他でもQuickTimeプレイヤーやadobe premire proも使っていましたが

今回の問題が起きるまでは同様の手順で縦画面動画が作成できていました。

 

elgato game captureは動画作成もしやすいし、凝った編集作業を必要としなければ

めちゃめちゃ楽でアップロードなどの時間も短いので良かったのですが

画面サイズの編集作業は基本的にできません。

 

つまり、今回みたいなことが起きるとelgatoでは対応不可。

そこで。。。

縦画面処理のための編集ソフトを使い対応

・ゲーム動画はelgatoで今まで通り撮影

・youtube投稿前にadobe premire proで縦画面対応の編集をしてから投稿

・無事に縦画面での視聴に対応

 

今までの手順の間にadobe premire proを挟むことでなんとか縦画面対応できている状況です。

また、しばらく経てばこれまで通りサクッとyoutube側でサクッと縦画面対応できるようになると思うけど…

とりあえずは縦画面になったのでよしとしたいなと思っております。

 

ただ、adobe premire pro CC2018でサクセス動画30分〜1時間程度の動画を

縦画面編集してから書き出すと1〜2時間くらいかかるんですよねw

 

今まで動画撮影後、最速で数分程度でyoutubeにアップできていたのが

+1〜2時間かかるようになったのが痛いw

実際はファイルが出来上がるのを待っているだけではありますが…

その間、PCが重くなるのでその他の作業がしにくいのが一番のネックなんですよね。。。

 

この症状は僕だけの問題なのかな?と思い、

他の縦画面系のスマホアプリゲームや動画を投稿されている配信者様の動画も色々とチェックしてみたのですが

僕と同様に過去動画は縦画面に対応しているのに、

同時期に縦画面への反映がされなくなっている方も結構いらっしゃったので

僕個人だけの症状ではないっぽい。。。

 

解決策としては上記のように動画編集ソフトを使い

縦画面に対応した動画に編集し直すことで解決はしましたが…

 

きっとそのうちまた対応してくれると思うけど

現状はこれでいくしかないな、と。

 

辛い点としては

編集ソフトが必要(費用がかかる場合も)

 

フリーソフトもありそう?ではありますが、基本的には費用がかかるんですよね。

ちなみに僕が使っているadobe premire proも月額1300円程度の費用が発生しております。

まとめ:youtubeでの縦画面はもはや必須

正直なところ。。。

スマホで見てくださっている方の割合も多いですし、

手間がかかろうとも縦画面(大画面)はもはや最重要に近いくらいゲームアプリ動画では必須ですよね。

 

僕もiPhoneで動画を見るときに

縦画面になっていないだけで閉じてしまうこともありますし、

視聴者側としての気持ちもめちゃくちゃ分かるんですよね。。。

視聴して頂いた方にはここ1ヶ月ほどかなり申し訳ないなと思っております。

 

今までより動画公開するまでに時間がかかってしまうことも多々ありますが

早く元に戻ることを祈りつつ縦画面対応での動画作成していきたいと思います(・∀・)b

 

長々と書いてしまいましたが、

暇つぶしの読み物であったり多少なりとも参考になる点があれば幸いでございます。